時宗とは

時宗は、一遍上人を宗祖、真教上人を二祖として両祖の教えを基に、名号「南無阿弥陀仏」を拠りどころにする浄土門の一流です。

 

名 称 時宗 | じしゅう
宗 祖 証誠大師 一遍上人(智真)| しょうじょうだいし いっぺんしょうにん(ちしん)
開 宗 文永11年(1274)
総 本 山 清浄光寺(遊行寺)| しょうじょうこうじ(ゆぎょうじ)- 神奈川県藤沢市
本 尊 阿弥陀仏(阿弥陀如来)| あみだぶつ(あみだにょらい)
所依経論

(お経)

浄土三部経(「無量寿経むりょうじゅきょう」・「観無量寿経かんむりょうじゅきょう」・「阿弥陀経あみだきょう」)をより所にします。読経ではそのほか「六時礼讃ろくじらいさん」などもお読みします。

お し え

大悲本願を仰ぎ
念仏に生き
念仏を喜びとする

大慈悲の阿弥陀仏に帰命(おまかせ)する“ただ今のお念仏”が一番大事なことです。仏様の光明、お念仏の中に生活させていただいていることに気づけば、私たちの日常は感謝と喜びに満ちあふれるでしょう。

我執がしゅう(自分中心の考え)を“捨て”、家業につとめ励み、むつみあえば、“ただ今のひと時”は充たされ、極楽浄土への道が開かれます。

念仏に生きることが時宗の時宗たるゆえんです。仏様にまもられ、み光に包まれているのですから、私たちの小さい力で念仏するのではありません。私たちは、み光の中にすでにあり、その限りない救済の中にすでにあるのです。

 



Copyright© Yugyouji All Rights Reserved.

 神奈川県藤沢市西富1-8-1
 寺務所 Tel:0466(22)2063 Fax:0466(23)8243

Return to Top ▲Return to Top ▲