人権への取り組み(過去帳)

2017-01-12

時宗はこれまで全日本仏教会の取り組みに沿って宗内全寺院における過去帳の適正な保管、管理に努めてまいりました。

しかし、2016年5月2日、県指定有形文化財書籍に指定されている時宗寺院所蔵の過去帳が国立博物館特別展において展示されていたことが判明いたしました。この問題に対し、私たち時宗はこの過去帳の展示について事実確認のため現地へ赴き、その後問題となっている過去帳を貸し出した宗内寺院に経緯の確認をし、人権問題の再徹底を認識いたしました。

この過去帳開示問題における人権問題の再認識を周知徹底するために、時宗は改めて宗内全寺院に過去帳の開示、閲覧撮影及び放映への提供は絶対にしない旨の通達をいたしました。また宗務支所長会議及び宗議会、各研究所会議、各講習会において事実報告及び過去帳開示禁止を徹底するように指示をし、より広範囲かつ深いレベルでの差別問題への取り組みを行いました。

今後、このような問題が二度と起こらないように引き続き講習会などで同和人権に関する講座を開き、人権意識の高揚と啓発に努めてまいります。

時宗人権推進室

過去帳の保管・管理について

「同和問題にとりくむ宗教教団連帯会議」への参加



Copyright© Yugyouji All Rights Reserved.

 神奈川県藤沢市西富1-8-1
 寺務所 Tel:0466(22)2063 Fax:0466(23)8243

Return to Top ▲Return to Top ▲