8月のお知らせ

2015-08-01

厳しい暑さが続く季節となりました。

今月中旬は全国的にお盆の時期となります。

私たちに命を相続してくださったご先祖様へ想いをはせ、

“生きること”について改めて考えましょう。

DSC00245

 

◆今月の行事◆

◎大施餓鬼法要【11日】

11時より本堂にて(10時半より法話があります)

*当山のお檀家様がご参加の対象です。

 

◎月例法話会【23日】

14時より信徒会館にて

ご参加は自由ですのでお気軽にお越しください。

当月講師  :  時宗布教伝道研究所

 神奈川県横浜市 浄光寺 三浦 公正 師

 

◆今月の催事◆

◎遊行寺薪能 【20日】

開  場:午後4時

開  演:午後4時40分

終演予定:午後8時ごろ

お問い合わせ:遊行寺薪能実行委員会事務局

かながわ信用金庫 業務部内 TEL:046-821-1709

 

◎蚤の市(骨董市)【2日】

第1日曜日、8時ごろより開催(雨天中止)

お問い合わせ:090-4416-2168(石田)

 

◎ボロ市(骨董市)【16日】

第3日曜日、8時ごろより開催(雨天中止)

お問い合わせ:090-2660-6935(中島)

 

 ◆今月の言葉◆

「とにかくに 心は迷う ものなれば

南無阿弥陀佛ぞ 西へゆく道」

(一遍上人)

 

  ~ 一遍上人のおこころ ~

我々は煩悩にあふれた凡夫であるが故に、心は迷いに満ちています。だからこそ、南無阿弥陀佛と名号を称えることだけが西方極楽浄土に至る道だと心得て、無心で念仏することが重要なのです。

 

 8月といえば「お盆」や「お施餓鬼」を連想される方も多いかと存じます。
施餓鬼は「餓鬼」に「施(ほどこ)す」と書く通り、餓鬼に食べ物を与えるという意味です。さらに、“心”に注目すると、餓鬼の心に“智慧の潤いを与える”と解釈できます。
 心はコロコロと変化するので“こころ”と言うそうですが、心の状態は六道になぞらえて6つに分けることができます。

天の心 …人を見下し、勝ち誇っている状態(有頂天とも)
人の心 …迷いや執着が渦巻き、偏った状態
修羅の心…怒りや勝負心を抑えられない状態
畜生の心…理性がなく、本能のままの状態
餓鬼の心…欲望が絶えず、むさぼり続ける状態
地獄の心…苦しく、つらい状態

 日々の生活でどれもよく出てくるのではないでしょうか。
人は常に、この「六道の心」をさまよっているといえますが、ここから抜け出すことは簡単ではありません。
 だからこそ凡夫である私たちは、余計な考えを捨て、”無心”でお念仏することにより、餓鬼の心だけでなく、六道を迷う心をも消し、清らかな心の状態を保つことができることでしょう。

合掌
(山務書記:髙垣浩然)

DSC00260

◆遊行寺宝物館◆

リニューアルのため、ただいま閉館中です。

Copyright© Yugyouji All Rights Reserved.

 神奈川県藤沢市西富1-8-1
 寺務所 Tel:0466(22)2063 Fax:0466(23)8243

Return to Top ▲Return to Top ▲