宇賀神社(登録有形文化財)

宇賀神社に祀られる宇賀弁財天は、徳川氏の祖とされる有親の守り本尊と伝わります。有親は遊行十二代尊観上人の弟子となり名を徳阿弥と、長男の親氏は長阿弥と名を改めました。そして、次男泰親が独阿弥となり、三河国大浜称名寺に移るとき、遊行寺に宇賀神社を奉納しました。長阿弥はのちに三河国松平の酒井家の養子となり、独阿弥は松平家の養子となり、その子竹若丸は松平を、次男竹松は徳川信光と称しました。これが徳川家の祖先といわれる由縁です。(諸説あります)

寛政6年(1764)11月に当山の大部分が焼失した際に、宇賀神殿も類焼しました。このとき、幕府より白銀30枚を再興費用としてもらい受けています。天保年間の宇賀神社再興にあたっても同様の援助がありました。現在の建物は明治13年に類焼し、のちに再建されたものです。

 

2014-04-23 13.04.19宇賀弁財天は開運弁財天ともいわれ、俗に銭洗弁天として江戸時代から藤沢宿の人々に信仰されました。現在でも銭を洗うことによって、財福を招くと信仰されています。

昭和9年7月に遊行六十七代尊浄上人によって「八大龍王碑」が建立されています。

 

 

 

 

suiheisen_tensen

◆おすすめの散歩コース◆


【コースA】

惣門赤門真浄院鐘楼一遍上人像地蔵堂本堂

【コースB】
敵御方供養塔(怨親平等の碑)長生院小栗判官照手姫の墓歴代上人御廟所

【コースC】
惣門いろは坂明治天皇御膳水宝物館中雀門放生池宇賀弁財天

 

境内の文学碑

河野静雲の句碑 清水浩の句碑 青木泰夫の句碑 通暁の句碑

川田順の一遍上人を讃える長唄 鈴木貫介の歌碑 高橋俊人の歌碑

 

◆境内の史跡◆

俣野大権現 黒門 御番方 山門跡 江の島一の鳥居袴石 手洗鉢 円意居士墓 中里理安・理益の墓 南部茂時の墓 酒井忠重逆修六地蔵 酒井忠重五輪塔 堀田家三代の墓碑 稲葉家基碑と隅切三 新田満純公墓碑 戦没者供養塔 戦没者慰霊名号碑 大悲水子地蔵菩提像 畜霊供養塔 魚鱗甲貝供養塔

 

<<「境内のご案内」TOPへ戻る

 

 

Copyright© Yugyouji All Rights Reserved.

 神奈川県藤沢市西富1-8-1
 寺務所 Tel:0466(22)2063 Fax:0466(23)8243

Return to Top ▲Return to Top ▲