今月の言葉一覧(法話)

2017年5月

「眼のまへのかたちは盲て見ゆる色もなし」

(法話「全体ゾウをみる」)

2017年4月

「一切衆生のためならで世をめぐりての詮もなし」

(法話「人のこと」)

2017年3月

「「捨ててこそ」(中略)是誠に金言なり」

(法話「捨ててこそ」)

2017年2月

「身を観ずれば水の泡 消ぬる後は人もなし 命をおもへば月の影 出入いる息にぞとどまらぬ」

(法話「無常と“今”」)

2017年1月

「生老病死のくるしみは 人をきらはぬ事なれば 貴賤高下の隔へだてなく 貧富共にのがれなし」

(法話「健康の“得”」)

2016年12月

「生ながら死して、静に来迎を待べし」

(法話「この世で往生?」)

2016年11月

「専ら神明の威を仰ぎて 本地の徳を軽んずること莫れ」

(法話「写経の功徳」)

2016年10月

「ただ愚なる者の心に立かへりて念仏したまふべし」

(法話「顔面問答」)

2016年9月

「すてやらで こころと世をば 歎けり 野にも山にも すまれけるみを」

(法話「泥中の蓮華」)

2016年8月

「曠劫多生の間には 父母にあらざる者もなし 万の衆生を伴なひて はやく浄土にいたるべし」

(法話「いのちの相続」)

2016年7月

「ふればぬれ ぬるればかはく 袖そでのうへを 雨とていとふ 人ぞはかなき」

(法話「仏様のものさし」)

2016年6月

「命をさゝふる食物じきもつは あたりつきたる其そのまゝに 死するを嘆なげく身ならねば 病やまいのためともきらはれず」

(法話「いただきます」)

2016年5月

「観音勢至の勝友あり」

(法話「慈母の観音さま」)

2016年4月

「こころより こころをえんと  意得えて 心にまよふ  こころ成なりけり」

(法話「無財の布施」)

2016年3月

「聖道浄土の法門を悟りとさとる人はみな生死の妄念つきすして輪廻の業とそなりにける」

(法話「業ってなに?」)

2016年2月

「此俗は依法不依人のことわりをしりて、涅槃の禁戒に相かなへり。珍しき事なり。」

(法話「法に依って人に依らず」)

2016年1月

「開くへ(べ)き こころの花の 身のために つほ(ぼ)み笠きる ことをこそいへ(え)」

(法話「“昨年”の漢字」)

2015年12月

「自力我執をも(っ)て、懺悔すべからず」

(法話「慈しみの教え」)

2015年11月

「他阿弥陀佛、 南無阿弥陀佛はうれしきか」

(法話「師と弟子、親と子」)

2015年10月

「を(お)のづから あひ(い)あふ(う)ときも わかれても ひとりはを(お)なじ ひとりなりけり」

(法話「孤独を恐れない心」)

2015年9月

「『従是西方過十万億仏土(これより西方に十万億の仏土を過ぐ)』といふ事。実に十万億の里数を過るにはあらず。衆生の妄執のへだてをさすなり。(中略)故に経には『阿弥陀仏去此不遠(阿弥陀仏ここを去ること遠からず)』と説り。衆生の心をさらずといふ意なり。 」

(法話「極楽浄土は遠い?近い?」)

2015年8月

「とにかくに 心は迷う ものなれば 南無阿弥陀佛ぞ 西へゆく道」

(法話「六道の心」)

Copyright© Yugyouji All Rights Reserved.

 神奈川県藤沢市西富1-8-1
 寺務所 Tel:0466(22)2063 Fax:0466(23)8243

Return to Top ▲Return to Top ▲